fbpx
skip to Main Content

MA(マーケティングオートメーション)
運用代行サービス

MA(マーケティングオートメーション)は導入することがゴールではありません。日々繰り返し行われるPDCAサイクルを効率化・最大化する必要があります。

MA(マーケティングオートメーション)
運用代行サービス

MA(マーケティングオートメーション)とは?

見込み客の獲得、見込み客の育成、見込み客の評価の一連の流れを支援し自動化を実現する仕組みやツールのことです。

MA(マーケティングオートメーション)が必要な理由

オンラインのあらゆるチャネルや接点を活用し、顧客との関係を構築していくためには、見込み客の一人ひとりのニーズに合わせた情報を最適なタイミングで提供を実施していく必要があります。
日本の企業において小規模のマーケティング部門にて手動であらゆる施策を行うことは非常に時間と労力がかかり、非効率となります。その為、ツールを活用し自動化することで効果的なマーケティング施策が行う必要があります。

MA(マーケティングオートメーション)が難しい理由は?

マーケティング施策を実行する上で最も重要なことは、「顧客を知ること」であり、そのためにペルソナとカスターマージャーニーマップの作成が不可欠です。さらにマーケティング施策における各プロセスに適切なコンテンツを利用し、その結果、実施したマーケティングの施策を検証し、効果があったのかを評価が必要です。

 MA(マーケティングオートメーション)は、これらのペルソナ、カスターマージャーニーマップ、コンテンツ、マーケティング施策を検証する仕組みなどを準備が必要ですが、実際、これらの準備を含め「何から手をつけたら良いのかがわかない」という理由が一番ではないかと思います。

顧客を知ること

顧客が最終的なゴールに至るまでの購買プロセスを把握するにはペルソナとカスターマージャーニーマップの作成が不可欠です。

しかし、購買角度の高い潜在顧客を洗い出してペルソナを定義し、購買行動を把握するカスタマージャーニーマップを作成するには経験とノウハウが必要です。

コンテンツ

デマンドジェネレーションにおいて、認知から興味・関心、比較・検討をもって、ゴール(契約)に至るまでの段階的にアプローチに適切なコンテンツが必要です。そのコンテンツは既存のもの、新しいコンテンツが必要であるか判断が難しく、新たに制作するには費用がかかり、安易にコンテンツを制作できません。

PDCA

マーケティング施策は、PDCAを回し、効果を検証する必要があります。しかし、マーケティング施策として、何をしたら効果が高く効率がいいのか、実施したマーケティング施策をどう評価したらわかならない、「何をから始めたらよいのかがわからない」ということが一番の問題と思います。

デジタルドロップを選ぶ3つの理由

1. 一貫したマーケティング支援

デジタルマーケティングにおける流入支援、コンテンツ制作、イベントサポート、MAにいたるまで一気通貫のサービスを提供し、包括的なマーケティング施策にて費用対効果を最大化します。

2. MA(マーケティングオートメーション)ツールに依存しない運用代行

MA製品には、ベンダーによって得意不得意があります。デジタルドロップでは特定の製品だけ扱うのではなく、お客様のニーズに合ったMAツールで運用代行を行っています。MAツールの選び方からご相談ください。弊社では、Marketo、Hubspot、Kairos3, EPIなどのMAツールでの運用実績がございます。MAツールを特定しないのは、MAの本質を理解していれば、ユーザーインターフェースの違いだけだからです。

3. 費用対効果の可視化

何をしたら効果が高いのか、効率がいいのかを、検証できる環境を提供し、マーケティング施策のKPIを定義してPDCAによるMA運用の効果を可視化し、レポートします。

実績

Hubspotの運用代行

Hubspotの運用代行 お客…

もっと見る

関連ブログ

Back To Top