fbpx
skip to Main Content

コンテンツ制作 - 動画制作

1分間の動画には、180万語に相当する情報量があります。
文字だけでは届けられない『伝える』をカタチにする動画を作成します。

 

動画コンテンツが有効な理由

理由 1

圧倒的に多い情報量!

1分間の動画には、180万語に相当する情報量があると言われています。この数はWebページに換算すると3600ページに相当します。一方で、1分間のスピーチでは、わずか300語程度です。動画では、文章では伝えきれない表情や感情といったものをコンパクトに伝えることができます。

理由 2

動画がリード獲得に貢献!

リード情報の獲得は、マーケティングにとって重要な課題です。マーケティング担当者の81%は動画がリード獲得(Lead Generation)に役立ったと下記の調査レポートで報告しています。

出典:Wyzowl: The State of Video Marketing 2019

理由 3

製品・サービスの理解が深まる!

ユーザーを対象にした新しい製品・サービスを学ぶのに有効なツールの統計データでは、動画が最も好まれています。

  1. 短い動画 68%
  2. テキストベースの記事 15%
  3. インフォグラフィック 4%
  4. プレゼンテーション 4%
  5. 電子書籍 3%

新製品・新サービスを学ぶ有効なツールは?

  • ショート動画
  • テキストベースの記事
  • インフォグラフィック
  • プレゼンテーション
  • 電子書籍

デジタルドロップの動画制作

上記の数値が示すように、動画はマーケティングにとって非常に有効なコンテンツです。

しかし、ただ作ればいいという訳ではありません。

動画は分かり易いというメリットを持つ一方で、飽きやすいというデメリットを持っています。

下記の図が示す通り、視聴時間と離脱率には密接な関係があります。

視聴時間と離脱率の関係

  • 離脱率

動画制作のポイント

最初の10秒で20%が離脱する

10秒以内で興味を惹けるかどうかが勝負の分かれ目です。

”とにかくかっこよく”というリクエストはよく聞きますが、オープニングにこだわり過ぎて結局自己満足の動画になるケースは少なくありません。

Conclusion First! (結論から先に)

伝えたい情報は、冒頭の10秒以内に!

1分で44%、1分半で50%以上が離脱する

最初の10秒で興味を惹けたとしても、長い動画は好まれません。1分半で50%以上が離脱します。

長い動画は離脱率が高まります

尺は、1分半を目安に!最長でも2分程度。

動画制作の流れ

デジタルドロップのノウハウを生かして取材から納品まで一気通貫でサポートいたします。

制作実績

Volterra社ソリューション紹介動画の制作

企業のプロモーション動画の制作…

もっと見る

プロモーション動画の制作

企業のプロモーション動画の制作…

もっと見る

関連ブログ

Back To Top