fbpx
skip to Main Content
【2021年版】Google Analytics・Google Search Consoleの設定方法

【2021年版】Google Analytics・Google Search Consoleの設定方法

Googleアナリティクス・Googleサーチコンソールは、Googleが提供する無料で利用できる高機能なWeb解析ツールです。
2020年10月にGoogle Analytics 4 property (GA4)のバージョンがリリースされました。
今回は、その登録・設定方法を順を追って分かりやすく説明していきます。

Google アナリティクスとは

Googleアナリティクスは、世界中のサイトで利用されている無料のWeb解析ツールです。Googleアナリティクスを使うと、Webサイトにアクセスしたユーザーの動きが分かります。ユーザーの動きをさまざまな視点から観察すると、Webサイトの売り上げや問い合わせを増やすためのヒントを発見できます。

それでは、早速Googleアナリティクスを設定をしてみましょう。


Googleアナリティクス設定手順

1.ログイン

Googleアナリティクスのサイトにアクセスし、[無料で設定]ボタンをクリックします。

Googleアカウントでログインしていない場合は、ログイン画面が表示されます。Googleアナリティクスで使用するGoogleアカウントでログインしてください。


2.Googleアナリティクスへの登録

2-1.アカウントを初めて作成する場合

次はGoogleアナリティクス アカウントの登録を行います。
「アカウント名」と「アカウントのデータ共有設定」の項目に入力します。

プロパティの設定を行います。

分析対象のサイト情報を登録します。

「作成」ボタンをクリックすると利用規約が表示されます。利用規約に同意するとGoogleアナリティクスの登録が完了です。


2-2.アカウントが既にあり、サイトを追加する場合

例えば、1社でいくつものWebサイトを所有している場合、既に登録されているアカウント内に新しく分析するサイトを追加できます。

その場合は、Googleアナリティクスを開き、左下の「管理」をクリックします。

中央上の「プロパティを作成」をクリックします。

プロパティの作成から「ウェブ」を選択して、下までスクロールして続行をクリックします。

c.png

プロパティの詳細を入力します。


3.トラッキングコードの設定

Googleアナリティクスで計測を行うためのトラッキングコード(タグ)をWebページに設置します。
ここでは、WordPressに設置する方法を説明します。

3-1.タグをコピーする

ウェブストリームの詳細画面で、「グローバル サイトタグ(gtag.js) ウェブサイト作成ツールや、CMS でホストされるサイトをご使用の場合、このタグを設定」をクリックします。

すると、次のようなトラッキングコードが表示されるので、コピーボタンをクリックします。


3-2.WordPressにトラッキングコードを設置する

WordPressにトラッキングコードを設置するには、header.phpを編集します。以下の手順で、トラッキングコードを設置しましょう。

  1. WordPressの管理画面で 「外観」-「テーマエディタ」を選択します。
  2. 「テーマヘッダー (header.php)」を選びます。
  3. <head>タグ直後にトラッキングコードを貼り付けます。  
  4. 「ファイルを更新」ボタンをクリックします。

4.プロパティを設定

プロパティが作成されたら、詳細の設定をしていきます。

4-1.Googleシグナルをオンにする

デバイスやプラットフォーム間の計測を可能にするため、Googleシグナルを有効に設定します。
プロパティ管理画面の①「設定アシスタント」から、②「Googleシグナルを有効にする」を選択します。

「Googleシグナルのデータ収集を有効にする」欄で「利用を開始する」をクリックします。同時に、下部にある「ユーザーデータ収集の確認」も「確認しました」ボタンをクリックしましょう。


5.データが計測されているか確認

最後に、データが計測されているか確認します。自社サイトにアクセスし、ダッシュボード画面の「リアルタイム」に1以上カウントされていれば設定完了です。
タグ設置から反映までタイムラグが発生することもあります。もしリアルタイムで数値が上がらない場合は少し時間をおいてから再度チャレンジしてみてください。


Googleサーチコンソールとは

Googleサーチコンソールは、Webサイトの表示回数やクリック数などを見える化する無料ツールです。確認できる項目を挙げてみます。

  • 表示回数
  • クリック数
  • クリック率
  • 平均掲載順位

他にもユーザーがサイトに訪問したクエリ(検索キーワード)が分かります。また、サーチコンソールはGoogleに「Webページを作った」と知らせる機能もあるので必ず設定しましょう。


Googleサーチコンソール設定手順

Googleサーチコンソールのページへ行き、「今すぐ開始」をクリックします。

プロパティを追加します。

プロパティタイプの指定を求められます。ひとまず「URLプレフィックス」を選択するのがおすすめです。「URLプレフィックス」の入力欄に、httpsまたはhttpから始まるURLを入力します。

プロパティタイプには以下のような違いがあります。

・ドメインプロパティ
自動的にドメイン全体が計測対象になります。
ただし、認証するためにドメインDNS設定の編集が必要となりますので、人によって設定方法がわからなかったり、権限を持っていないこともあります。
そのような場合は「URLプレフィックス」で作成します。

・URLプレフィックス
指定したサブドメインまたはディレクトリ配下など、ドメインの一部のみを計測対象として指定できます。
「URLプレフィックス」は、httpとhttps、wwwの有無といったURLの違いがあると指定したもの以外は計測できないため、注意が必要です。http/https、wwwの有無、指定のディレクトリごと、といったように複数のプロパティを作成できるので、気になるパターンで複数のプロパティを作成しておくことをおすすめします。

「続行」をクリックすると、所有権の確認画面に移ります。認証方法は複数ありますが、「URLプレフィックス」で登録を行う場合は、「HTMLタグ」をクリックします。

メタタグが表示されますので、右側のコピーを押します。この画面を残したまま、サイトのHTMLコードの</head>タグの直前に、コピーしたコードを貼ります。
確認を押すと「所有権を確認しました」というメッセージが出て設定が完了します。

WordPressのサイトからサーチコンソールを設置する場合には、利用者の多い「All in One SEO」のプラグインを使うと項目にHTMLタグを入力するだけで完了できるので便利です。


まとめ

全ての設定を終えたら、必ず動作の確認をしましょう。また、月に1度のペースで分析結果をまとめることも重要です。

Back To Top